001.水の神さま

水の神さま


一言で「水」と聞くと、どのような事が思い浮かびますか?


体温を保つ、老廃物を運びだす等 生命を維持する。

稲や野菜など作物を育む。家畜・魚介類の命を生み育む。

料理するために使う。 物を作るために使う。

洗濯・掃除・お風呂など身体や身の回りを清潔にするために使う。・・・などなど

例をあげるにはキリが無いほどの「水」にはたくさんの役割・機能があります。


また、川・海・湖・雲・水蒸気など水は存在の形もさまざまです。

awa

そのように生命維持活動に必要な水ですが、その在り様によって― 大雨・川の氾濫・津波などの

災害になると生命や財産を脅かす存在にもなります。


そのようなさまざまな在り様を取る「水」。

日本では火の神さま、日の神さまなどは1~2柱(神さまを数える単位は‘柱’です。)しか

いらっしゃらないのに対し、水の機能・役割が多様であるように、水の神さまはたくさんおられます。


その機能・役割により大きく3タイプに分けることができます。


1. 川の神さま

・水源に関わる神さま

・治水に関わる神さま

・水瀬に関わる神さま

 img_lake_s img_ice_s img_river_s

2. 海の神さま

img_sea_s


3. 雨・雷神さま

img_thunderstorm


以上のタイプには当てはまらない水に関わる神さまもおられます。

 

これから、たくさんの「水」の神さまを1柱ずつ取り上げていきます。

にほんの水

にほんの水

PAGETOP
Copyright © wp水や co.,ltd. All Rights Reserved.