金貸水神さま

本編を外れたこぼれ話では、日本神話の記述にはないものの地域の人に愛されている水神さま達をご紹介します。

 

静岡県、秋葉山神社に通じる道沿いの天竜川のほとりに

ある小さなお社があります。

神社のご由来は以下のように、心温まるお話となっています。

———————

病気を担保に金を貸す金貸水神さま

〇水神宮病気証文の由来〇
明応八年八月十四日のこと(約四百六十年前)天竜川が氾濫して鹿島村の川岸に祭ってあった水神様が流れだした。これを見た地元の船頭権三郎が激流に飛び込み、お救いして現在地にお祭りした。ところが権三郎は水の冷えで、持病の(せん気)再発により重体におちいった。
するとある夜、水神様が夢枕に立ち、そちの病気はこのたびの功により速やかに全快させてやる。

尚その他の病気で苦しんでいる者があれば病気と質とし借金証文を上げさせよ期限までに必ず全快させよう、とお告げがあり権三郎の病気も不思議と全快した。

それ以来、病気の水神様として人々の信仰厚く、遠近からのお礼参りや祈願かけされる人が現れるようになった。

 

 

にほんの水

にほんの水

PAGETOP
Copyright © wp水や co.,ltd. All Rights Reserved.