水のうた(仮)

 

○仮名序(紀貫之)より

 花に鳴く鶯、水に住む蛙の声を聞けば
 生きとし生けるもの、いずれかの歌を詠まざりける
 力をも入れずして、天地(あめつち)を動かし
 目に見えぬ鬼神をも、哀れと思わせ、
 男女の仲をも和らげ、
 猛き武士の心をも慰めるは歌なり

 

 

 

hagurosan1

 

にほんの水

にほんの水

PAGETOP
Copyright © wp水や co.,ltd. All Rights Reserved.